ギャバが世間の注目を集めている背景には

ギャバは、更年期障害やストレスでイライラしている不安定な精神状態を改善させるギャバ効能がありほかにも、アルコールの代謝を促進して、腎臓や肝臓の機能を活性化させるギャバ効果がある。また脳の代謝を促すための酸素供給量を増やす効果がある神経伝達物質でギャバは現在とても注目されている物質だ。
さらに言うと脳の血流を改善して、酸素の供給量を増やし、脳細胞の代謝を活発にすることから、臨床で脳動脈硬化症、脳卒中後遺症などによる頭痛、記憶障害、耳鳴り、意欲低下などの改善策として使われているのだ。
この物質が世間の注目を集めている背景には、現代の日本人がストレスに悩まされていてイライラしていてリラックスするのが難しいと言う事情があげられる。近所付き合いや仕事等で社会人ともなれば理不尽な要求にも答えなければならない場合が多々あると思う。それに最近では子供が抱える不安からか子供のストレスも話題に上るようになってきた。
上記のようなストレスを緩和するためには、最近よく出回っているGABAを含んだサプリメントや食品を摂取することが重要だが、昔から我々日本人が親しんでいる和食の食材、発芽玄米GABA、玄米ギャバ、お茶の、言ってみればギャバ茶や漬物にもGABAが豊富に含まれていることは、あまり知られていないと思う。こういった事から日本食が見直されているようだ。
GABAを使った商品が数多く出回る中、変り種としては、ワイン等があげられるだろう。赤ワインに含まれているポリフェノールが同時に摂れるという利点がありさらにアルコールとの相乗効果でよりリラックス気分が味わえるだろう。GABAにはドーパミン等やノルアドレナリンの興奮系神経伝達物質の過剰分泌を抑制し、興奮した状態を抑えるリラックス作用がある。
タグ:ギャバ
■ ギャバとシーフコイダン の表紙へ

スポンサードリンク



×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。