シーフコイダンとは

フコイダンはスウェーデンの科学者 H・Z・キリンによって1913年に発見され、日本癌学会で1996年に制癌作用が報告されてから健康食品として注目を浴びるようになった。その中でシーフコイダンとは「低分子モズクエキス フコイダン」のことで、フコイダンを主体にアミノ酸をバランスよく含有している健康飲料水の事だ。シーフコイダンの特徴は、「超低分子に加工されているので、吸収率が高い」「核酸との相性がよい」「必須アミノ酸をバランスよく含有している」等があげられフコイダン効果が大きい。主にトンガ産モズクがシーフコイダンには多く使用されている。
効果的なシーフコイダンの飲み方について書こう。シーフコイダンの飲む量は、健康維持が目的であれば、一日に30〜 60mlを1、2回に分けて飲むのが効果的だ。反対にがんの再発や重い症状の人は、一日に 240〜 500mlを4回〜6回に分けて飲むといいだろう。 しかしフコイダン(シーフコイダン)は薬とは違って、容量・用法に決りがある訳ではないので、目安として参考にしたらいい。フコイダン(シーフコイダン)の飲み方としては、朝、昼、夜の食前や食間、就寝前等数回に分けて摂ると効果が高まると言われフコイダン効果が大きい。特に夜の睡眠中は、消化器系の吸収率が高まり、がん細胞の増殖も活発になる事を考慮して、他の時間帯より少しだけ多めに摂るといいだろう。また、空腹時で食前等にフコイダン(シーフコイダン)を摂る方が吸収率が高まるのでフコイダン効果が大きい。勢いよくゴクゴクと飲むよりは、口に含んでゆっくりと飲む方が効果的だ。
さらに言うがフコイダンとは、メカブやモズク、昆布等の海藻類等のヌルヌル成分の中に含まれる多糖類を指す。フコイダンは、硫酸化多糖類に属し、そのなかでも「フコース」「硫酸化フコース」が、健康維持に対して、たいへん有効であることが判ってきた。モズクには特に「フコース」「硫酸化フコース」が多く含まれていると言われている。
重複するがフコイダンの飲み方としては、空腹時がおすすめだ。空腹時は、からだが食べたものを消化吸収するはたらきが高まるので、空腹時に飲むのは生理学的に大変理にかなっていてフコイダン効果が大きい。人が1日活動するエネルギー(フコイダン)を、朝起きた時には大変効果的にを吸収すると考えられる。飲むのが夜寝る前だとすると夜は内臓、消化器にかかわる副交感神経が優位に働いているため吸収力が良くなりフコイダン効果が大きい。飲み方は一気にフコイダンを飲むのではなく、少量を口に含み、口の中でゆっくりころがすように少しづつ飲み込むのだ。これは、口の中の口腔粘膜や舌下粘膜という所からも栄養分が吸収されるためでフコイダン効果が大きい。なお、水等で薄めずにストレートで飲むのも良いのだが、柑橘類(レモン、ライム、かぼす、みかん、オレンジ等)の果汁や黒酢等を適量入れて飲むこともおすすめだ。
私たち人間の、身体の細胞は新陳代謝によって常に古い細胞と新しい細胞が入れ替わっている。一定の期間が経つと正常な細胞は自ら死んでいくように遺伝子情報にプログラムされているのだ。この細胞が自ら死んでいく作用のことをアポトーシスと言う。アポトーシスが働かない細胞、それがガン細胞なのだ。このようなガン細胞をフコダインは崩壊に追い込む物質として注目されている。
■ ギャバとシーフコイダン の表紙へ

スポンサードリンク



×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。